市川・真間エリア

古民家カフェ ママノキモチカフェ

市川市新田1-4-16

  • 京成本線の線路沿いに佇むカフェ。建物に店の地図が描かれている。

    京成本線の線路沿いに佇むカフェ。建物に店の地図が描かれている。
  • 正面入り口。“CAFE”の文字が目印。

    正面入り口。“CAFE”の文字が目印。
  • 入り口の引き戸に描かれた、お馴染みのキャラクターの絵にほっこり。

    入り口の引き戸に描かれた、お馴染みのキャラクターの絵にほっこり。
  • 店内に入るとアイボのポチくんがお出迎えしてくれる。

    店内に入るとアイボのポチくんがお出迎えしてくれる。

ペットOKのエリアもある心身ともに癒される古民家カフェ

京成本線菅野駅近くの線路沿いにあるのが「ママノキモチカフェ」。

一見すると普通の住宅のようにも見えますが、“CAFE”と描かれた看板があるのですぐに分かります。

オープンしたのは2015年4月。オーナーは勝美津子さんです。

「ママノキモチカフェ」の建物は、もともと美津子さんのご主人のおばあ様が暮らしていた場所だったそうです。

お店を始めるときにお義母様から、この建物を自由に使っていいという承諾をいただいたことから、

おばあ様やお義母様への感謝の気持ちを込めて「ママノキモチカフェ」という店名にしたそうです。

約築70年の建物をリノベーションしつつ、レトロな小物はそのままインテリアとしてディスプレイされています。

店内には静にジャズが流れています。席数は20席。テーブルとテーブルの間にゆとりがあるので、ゆったりと寛ぐことができます。

お店にはアイボの「ポチ」くんがいて、名前を呼ぶと近づいてきてくれるので頭をなでてあげてください。喜ぶ姿がとってもカワイイですよ!

広いフローリングのフロアの他に畳敷きの部屋もあります。中庭は手入れが行き届いていて四季折々の風景が楽しめます。また、母屋の奥には、ワンちゃんを連れていけるエリアも。テラス席や個室の他、2019年にはツリーハウスも完成しました。

京成線の電車が通過する景色を目の前で眺められるので、電車が好きな子どもやマニアにとっては特等席になるのではないでしょうか。

  • 黒電話や一眼レフのカメラ、足踏み式のオルガンなどレトロなものがたくさん!

    黒電話や一眼レフのカメラ、足踏み式のオルガンなどレトロなものがたくさん!
  • 店内から中庭が一望できる。

    店内から中庭が一望できる。
  • 天井を見上げると立派な梁が何本も。カスピ貝のライトもオシャレ!

    天井を見上げると立派な梁が何本も。カスピ貝のライトもオシャレ!
  • カウンター席からの眺め。

    カウンター席からの眺め。
  • イスの形もさまざま。

    イスの形もさまざま。
  • 座る席によってインテリアが異なる。

    座る席によってインテリアが異なる。
  • マンガ本や絵本もある。

    マンガ本や絵本もある。
  • 昭和時代に流行ったビーズ暖簾もレトロな雰囲気を醸し出している。

    昭和時代に流行ったビーズ暖簾もレトロな雰囲気を醸し出している。
  • 畳の上にテーブルとイスを設えた部屋もある。

    畳の上にテーブルとイスを設えた部屋もある。
  • 上記の写真と同じ和室の一角にあるテーブルとイス。

    上記の写真と同じ和室の一角にあるテーブルとイス。
  • 昔の日本家屋には必ずといっていいほどあった今では貴重な縁側。しかも長い。

    昔の日本家屋には必ずといっていいほどあった今では貴重な縁側。しかも長い。
  • 縁側の奥にはこんなスペースも。

    縁側の奥にはこんなスペースも。
  • 個室はカウンター席のみ。

    個室はカウンター席のみ。
  • 窓の前には京成本線の線路が。

    窓の前には京成本線の線路が。
  • 京成電車を至近距離で眺められる。

    京成電車を至近距離で眺められる。
  • 個室の前にはテラス席もある。

    個室の前にはテラス席もある。
  • 一番奥にはツリーハウスも!

    一番奥にはツリーハウスも!
  • ツリーハウスはまるで隠れ家のよう。

    ツリーハウスはまるで隠れ家のよう。

栄養を重視した健康的なメニューに心とからだが癒される

オーナーの美津子さんは、もともと料理好きで、仕事をしながら料理教室にも通っていたそうです。長年、看護婦のお仕事をしていた美津子さんは、生産者が分かる安心した食材で、栄養バランスを考えた健康的な体にやさしい料理を作ることを大事にしています。

メニュー開発は2カ月に1回ぐらいの割合で、料理上手なお友達にチェックしてもらいながら味付けや盛り付け方などを決めているそうです。

新しい季節限定メニューの登場が今から待ち遠しいですね。

9時30分からラストオーダーまで食事は食べられます。ランチサービスもあります。

取材日は「信州産そば粉のガレット 有機野菜添え」と、ハーブティーをいただきました。“そば粉のガレット”は、フランスのブルターニュ地方の郷土料理で、そば粉、水、塩などを混ぜた生地を薄い円形に伸ばして焼いたもの。

フランス語で小石を意味する“ガレ(galet)”に由来しているそうです。生地がもっちりとしていて、色どり豊かな有機野菜や温泉たまご、細かく刻まれたサラミ、チーズとの相性が抜群! 

因みに本日の有機野菜は、ケール、カラシナ、サニーレタス、ビーツ、ニンジン、赤玉ネギ、水菜の計7種類。野菜は市川市宮久保にある「有機野菜と自然食品の店 玄」さんから仕入れているそうです。ヘルシーなうえに、見た目以上に食べ応えがあり1枚でお腹いっぱいになります。

ハーブティーは、市川市東菅野にあるハーブティーカフェ「MINT BLUEミントブルー」さんのオリジナルブレンドなのだとか。

食事系・スイーツ系、両方のガレットに合うので飲みやすくほっとする味です。

一晩かけてゆっくりと抽出した「水だしアイス珈琲」もあります。まろやかで深みのあるコーヒーは、他ではなかなか味わえません。

季節商品となる「苺のガレット」は、信州産のそば粉のガレットの上に旬の苺がたっぷり。白玉、小豆、生クリームと一緒にいただくと甘酸っぱさが絶妙!ボリュームはありますが、甘すぎないのでペロリと食べられます。

晴れた日はもちろんですが、雨の日も店内から雨に濡れる木々を眺めると風情があります。心身ともに癒される「ママノキモチカフェ」。

まだまだ他にも、お薦めメニューはたくさんあるので確かめてみては? 事前予約もできますよ。

  • 「信州産そば粉 彩り野菜のガレット」

    「信州産そば粉 彩り野菜のガレット」
  • 温泉たまごを崩して黄味を生地や野菜にからめていただく。
ベーコンに塩気がちょうどいい。

    温泉たまごを崩して黄味を生地や野菜にからめていただく。 ベーコンに塩気がちょうどいい。
  • 「お花のハーブティー」(ポット/620円)。カモマイルジャーマン、ローズ、オレンジフラワーのブレンド。リラックス・風邪予防・生理不順に効果的。

    「お花のハーブティー」(ポット/620円)。カモマイルジャーマン、ローズ、オレンジフラワーのブレンド。リラックス・風邪予防・生理不順に効果的。
  • リピーター続出!「有機野菜のサラダうどん」。

    リピーター続出!「有機野菜のサラダうどん」。
  • 濃厚なチーズで作る「カルボナーラうどん」。

    濃厚なチーズで作る「カルボナーラうどん」。
  • 「マーラーうどん」有機野菜添え。山椒の痺れる辛さが癖になる。

    「マーラーうどん」有機野菜添え。山椒の痺れる辛さが癖になる。
  • 右が「津軽リンゴスカッシュ(ヒアルロン酸入り)」、左が「ベリー・ベリー・ベリースカッシュ(クランベリー、ラズベリー、ブルーベリー入り)」。

    右が「津軽リンゴスカッシュ(ヒアルロン酸入り)」、左が「ベリー・ベリー・ベリースカッシュ(クランベリー、ラズベリー、ブルーベリー入り)」。
  • 「ハーブティー(定番・花・生姜)」は全部で3種類、すべてポットで提供。

    「ハーブティー(定番・花・生姜)」は全部で3種類、すべてポットで提供。
  • 左が「生絞りレモンスカッシュ」、右が「アイスティー」。

    左が「生絞りレモンスカッシュ」、右が「アイスティー」。
  • 甘酸っぱいリンゴと生クリームの上にシナモンをふりかけた「アップルシナモンガレット」

    甘酸っぱいリンゴと生クリームの上にシナモンをふりかけた「アップルシナモンガレット」
  • ガレットの上にバニラと抹茶アイスを盛り付け、黒蜜ときな粉をふりかけた「信州産そば粉ガレットの和デザート」。

    ガレットの上にバニラと抹茶アイスを盛り付け、黒蜜ときな粉をふりかけた「信州産そば粉ガレットの和デザート」。
  • フォークで半分に切ると中から温かいチョコクリームがとろ~り。フランス生まれのスイーツ「フォンダンショコラ」。

    フォークで半分に切ると中から温かいチョコクリームがとろ~り。フランス生まれのスイーツ「フォンダンショコラ」。
  • 旬のイチゴをふんだんに使った「苺のガレット」は期間限定。

    旬のイチゴをふんだんに使った「苺のガレット」は期間限定。
  • アイスクリームやラズベリージャムを添えた「しっとりベイクドチーズケーキ」。

    アイスクリームやラズベリージャムを添えた「しっとりベイクドチーズケーキ」。

アクセスは京成本線菅野駅南口より徒歩約3分、市川真間駅より徒歩約9分、 JR総武本線市川駅北口より徒歩約13分です。

【DATA】

古民家カフェ ママノキモチカフェ

  • 住所:市川市新田1-4-16
  • 電話番号:090-4240-3578
  • 時間:火〜土9:30〜14:30(L.O13:45) ※11:30以降未就学児入店不可
  • 駐車場:なし
  • 休み:日曜日、月曜日、祝日のほか、お盆、年末年始などに長期休暇、他不定休日あり ※警報が出る様な気象状況の際臨時休業となる場合もあるので、Instagramで確認を
  • ホームページ:https://www.instagram.com/mamanokimochi_cafe/
KEIWA-NET CLUB 4つのメリット

  • 会員限定未公開物件が満載
  • 自動入力でカンタン資料請求
  • 新規物件をリアルタイムで更新
  • 値下げ物件をいち早くお知らせ
現在掲載中