KEIWA-TOWN 平田|市川 不動産|市川の不動産といえば慶和住宅! マイホームの購入(新築・中古・土地・マンション)から不動産の売却、市川市、船橋・松戸の不動産のことなら慶和住宅へ!

KEIWA-TOWN 現場レポート

KEIWA-TOWN Reports

KEIWA-TOWNの着工から完成までのレポートをご覧頂けます。

その他の現場はこちら

<< 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>

2013年12月25日 13:47 

KEIWA-TOWN平田の状況を更新します☆

いよいよ大工さんが現場入りしました!!

さっそく土台を敷くべく作業をしています♪

完成までよろしくお願いします!!

2013年12月27日 13:56 

KEIWA-TOWN平田の状況を更新します☆

上棟しました!!!
たった1日でここまで進めてしまうなんて職人さんすごいです!!

3階建てに屋上バルコニーのついた立派な建物になりますよ♪

中のほうもちょっと覗いてみましょう☆

2013年12月27日 14:14 

柱の木材です☆

「原産地:日本 スギ 120×120」と打ってあります!

120=12cm(4寸)の国産の杉を柱として採用しています!!

杉の木は木目がまっすぐで、柔らかく、軽く加工がし易いんです。
柱や桁、天井や壁等使い方はいろいろ。障子等の建具としても使われています☆

2013年12月27日 14:23 

こちらの柱には何やらいろいろな記号がついていますね。。

実は柱や梁になる木材は現場で1本1本作るのではなく、【プレカット】といって工場で前もって組み立てられるまでに加工されて現場に運ばれてきます☆

こうすることで、工期の短縮はもちろんですが、木材を削る際に出る音やごみも出ないようにする、大工さんにとっても、近隣の方にとっても優しい工法なんです♪

そして大工さんが間違えないように1本1本柱に印がついているんです!!

平面図という建築図面には「い・ろ・は・に・ほ・・・・」と「1・2・3・4・・・」を使って柱の場所を特定できるようにしています☆

実は「いのいちばん」って言葉は建築用語なんですよ♪

2013年12月27日 14:27 

よく見ると土台と柱の継ぎ目には金属で補強されています!

これはホールダウン金物といって、
柱を土台と引き寄せるように取り付けます!
万が一にも柱がはずれないよう、縦方向の補強をします☆


【ホールダウン金物】は引き寄せ金物とも呼ばれ、
主に木造軸組工法の建物で使用する、補強金物のひとつです。

2013年12月27日 14:33 

基礎と土台の間をよーく見てみると。。。隙間があいています!!!


でもご安心ください♪ きちんと意味があっての隙間なんです☆

こちらは【基礎パッキン】といわれる、土台と基礎の間に敷く物で、凸凹のある強化プラスチックで出来ています。
土台と基礎の間に挟み込んで通気口を設けるこの工法は、耐久性に対して大きなメリットがあります。従来の床下換気口のように、基礎に穴をあける必要がなく、切欠きや鉄筋の切断、換気口付近で頻発するクラック(ひび)もなくなります!!
また、建物全体をムラなく換気出来ます!!(床下換気口に比べて約1.5倍~2倍の換気量を確保)更に基礎コンクリートの水分が木部に伝わらないので、土台の腐食を防ぐ効果も抜群なんですよ♪

家が完成するとなかなか見れない部分ですよ☆

2014年01月07日 18:23 

新年明けましておめでとうございます!!

今年も1人でも多くの方のお役に立てるよう現場レポートを更新していきますので、よろしくお願いいたします!!!


大工さんも仕事初めでさっそく作業をされていました☆

筋交いといって柱と柱の間に斜めに木材をかましていきます♪

これにより地震等の横方向に対する力に効果を発揮します!

更に隅には金具で固定してずれないよう補強します♪


完成すると決して見れない部分ですが、安心して住めるようたくさんの工夫がなされています♪


2014年01月07日 18:30 

一か所ずつ職人さんがとめてますよーっ!

2014年01月09日 20:08 

KEIWA-TOWN平田の状況を更新します☆

前回は筋交いという補強工事をご紹介しましたが、今回は更なる安心、安全を求めて弊社が採用している【ダイライト工法】についてご紹介させていただきます♪


ダイライトとは商品名で、火山性ガラス質堆積物質と鉱物繊維からつくられた構造用面材
を指します。
なにやら難しい単語が並んでいますが、燃えにくく、割れにくく、木材とあまり重さが変わらないという理想的な面材です!!そんじょそこらの板とはわけが違うのです!!


通常の木造住宅は筋かい部材を入れて、住宅の水平耐力(地震や風圧に耐える力)を高めていますが、当社では更なる安全性や、耐久性を求めてこのダイライトを外壁全面に張り詰めるダイライト工法を採用しています!!

この工法で、水平耐力に対する安全性を壁倍率2.5倍に設定し、耐震性を高めると同時に耐火性、断熱性も高めています!!!

写真の絵の人が大事なお家を守ってくれてると思うと安心して住めますね!!

これがダイライト工法です!!!!!

2014年01月09日 20:10 

KEIWA-TOWN平田の状況を更新します☆

屋根の下地になる板を打ち付けていました!!

作業中で私は上まで上がれなかったのですが。。。

KEIWA-TOWN平田は屋上バルコニーなので、早く写真に収めてみなさんにご紹介したいです!!!

今日のところは屋根裏の写真です♪

<< 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>

慶和ニュース

KEIWA-TOWNシリーズの現場レポート

一覧はこちら

アクセスランキング

コンテンツ

  • 不動産の豆知識
  • 不動産購入の流れ
  • 学区・エリア情報
  • 電車ルートマップ
  • 税金について
ローンシミュレーション
最新折込チラシ
市川、船橋、江戸川エリアの不動産売却についてはこちら
ページトップへ戻る