瑕疵担保責任|不動産の豆知識|市川 不動産|市川の不動産といえば慶和住宅! マイホームの購入(新築・中古・土地・マンション)から不動産の売却、市川市、船橋・松戸の不動産のことなら慶和住宅へ!

不動産の豆知識

Point

知ってる知らないではチョット違う!不動産の豆知識をご紹介しています。

不動産の豆知識 知ってる知らないでちょっと違う、ここがポイント!

瑕疵担保責任

「瑕疵担保責任」とは、品確法で定められた、住宅の瑕疵(ある物に対し一般的に備わっていて当然の機能が備わっていないこと。あるべき品質や性能が欠如していること。) についての担保責任義務のこと。
施工会社は新築住宅の「構造耐力上主要な部分」と「雨水の侵入を防止する部分」の暇疵について、 最低10年間、無償補修や賠償責任を負わなくてはなりません。
品確法では、請負契約だけに限らず、建売などの売買契約においても最低10年間の瑕疵担保責任期間を課しています。
10年間の瑕疵担保責任期間において、対象となる、「雨水の侵入を防止する部分」とは屋根や外壁、窓などの開口部からの雨漏りを指し、「構造耐力上主要な部分」とは、根太・大引き・土台・間柱・管柱・基礎・床下地板・窓台・筋交い・まぐさ・胴差し・通し柱・桁・軒桁・ 小屋梁・棟木・火打ち梁・垂木・母屋・野地板(在来工法の場合)を指します。
10年間の瑕疵担保責任期間は強行法規で、仮に契約書で、瑕疵担保責任期間を5年など短縮した期間を特約として記載していても、それは無効となります。また、契約書で瑕疵担保責任期間を延長する場合は最大20年まで延長することができます。
なお、2012年10月1日施行の住宅瑕疵担保履行法により、住宅の施工会社および販売会社は住宅瑕疵担保責任保険への加入が義務化されました。

他の記事も見る

慶和ニュース

KEIWA-NET 限定物件
KEIWA-NET 新着物件
KEIWA-NET 市川エリア
一般公開物件
KEIWA NET CLUB会員募集中!
新規会員登録(無料)

慶和ニュース

KEIWA-TOWNシリーズの現場レポート

一覧はこちら

アクセスランキング

外環道路
知っ得 マイホームは今がチャンス!
省エネ住宅ポイント制度
すまい給付金
住宅ローン減税
贈与税非課税措置

コンテンツ

  • 不動産の豆知識
  • 不動産購入の流れ
  • 学区・エリア情報
  • 電車ルートマップ
  • 税金について
ローンシミュレーション
最新折込チラシ
市川、船橋、江戸川エリアの不動産売却についてはこちら
ページトップへ戻る