ツーバイフォー工法ってどんなもの?|不動産の豆知識|市川 不動産|市川の不動産といえば慶和住宅! マイホームの購入(新築・中古・土地・マンション)から不動産の売却、市川市、船橋・松戸の不動産のことなら慶和住宅へ!

株式会社慶和住宅 ホーム
不動産の豆知識
ツーバイフォー工法ってどんなもの?

不動産の豆知識

Point

知ってる知らないではチョット違う!不動産の豆知識をご紹介しています。

不動産の豆知識 知ってる知らないでちょっと違う、ここがポイント!

ツーバイフォー工法ってどんなもの?

北米で生まれた木造建築工法のひとつで「枠組壁工法」ともいわれます。
木材で組んだ枠組みに構造用合板を打ちつけ、構造を面で躯体を支えるのが特徴です。 躯体を構成する際に、断面が2インチ×4インチの木材を使用することから、この名前で呼ばれます。
ツーバイフォー工法の建物のメリットとしては、構造を面で支えるため、耐震性や耐風性が高く、耐熱性にも優れているという特徴もあります。壁の室内側を石膏ボードで覆っているため、火が燃え広がるのを防ぎ、火にも強い特徴ももちます。 構造が難しくないため、住宅を建てる時に大工さんの力量にあまり左右されないという事もメリットの一つかもしれません。
逆にデメリットはというと、耐熱性が高いために、外気と室内の暖かさで差が生じて結露が発生する事があります。また、ツーバイフォー工法は壁で支えているために、間取にある程度の制限が出てきます。特に、後からの間取の変更は難しい場合もあるので、最初に立てる間取プランが重要といえそうですね。

他の記事も見る

慶和ニュース

KEIWA-NET 限定物件
KEIWA-NET 新着物件
KEIWA-NET 市川エリア
一般公開物件
KEIWA NET CLUB会員募集中!
新規会員登録(無料)

慶和ニュース

KEIWA-TOWNシリーズの現場レポート

一覧はこちら

アクセスランキング

外環道路
知っ得 マイホームは今がチャンス!
省エネ住宅ポイント制度
すまい給付金
住宅ローン減税
贈与税非課税措置

コンテンツ

  • 不動産の豆知識
  • 不動産購入の流れ
  • 学区・エリア情報
  • 電車ルートマップ
  • 税金について
ローンシミュレーション
最新折込チラシ
市川、船橋、江戸川エリアの不動産売却についてはこちら
ページトップへ戻る