収入印紙のない契約書は有効?無効?|不動産の豆知識|市川 不動産|市川の不動産といえば慶和住宅! マイホームの購入(新築・中古・土地・マンション)から不動産の売却、市川市、船橋・松戸の不動産のことなら慶和住宅へ!

株式会社慶和住宅 ホーム
不動産の豆知識
収入印紙のない契約書は有効?無効?

不動産の豆知識

Point

知ってる知らないではチョット違う!不動産の豆知識をご紹介しています。

不動産の豆知識 知ってる知らないでちょっと違う、ここがポイント!

収入印紙のない契約書は有効?無効?

「あれ、この契約書収入印紙が貼ってない?無効になっちゃったなんてことはないよね?」なんて事はありませんか?
結論から言うと、収入印紙が貼っていない契約書でも無効にはならないのですが、印紙を貼っていない場合には「過怠税」を徴収されてしまいますので注意が必要ですね。
印紙税法(印紙税法第3条第2項)では、作成された枚数分の売買契約書の印紙代については作成名義人全員の連帯責任を規定しているので、自分の保有する契約書であるからといって印紙を貼付していない時は、相手方も印紙代を負担しなければいけません。

他の記事も見る

慶和ニュース

KEIWA-NET 限定物件
KEIWA-NET 新着物件
KEIWA-NET 市川エリア
一般公開物件
KEIWA NET CLUB会員募集中!
新規会員登録(無料)

慶和ニュース

KEIWA-TOWNシリーズの現場レポート

一覧はこちら

アクセスランキング

外環道路
知っ得 マイホームは今がチャンス!
省エネ住宅ポイント制度
すまい給付金
住宅ローン減税
贈与税非課税措置

コンテンツ

  • 不動産の豆知識
  • 不動産購入の流れ
  • 学区・エリア情報
  • 電車ルートマップ
  • 税金について
ローンシミュレーション
最新折込チラシ
市川、船橋、江戸川エリアの不動産売却についてはこちら
ページトップへ戻る