基礎パッキン|不動産の豆知識|市川 不動産|市川の不動産といえば慶和住宅! マイホームの購入(新築・中古・土地・マンション)から不動産の売却、市川市、船橋・松戸の不動産のことなら慶和住宅へ!

不動産の豆知識

Point

知ってる知らないではチョット違う!不動産の豆知識をご紹介しています。

不動産の豆知識 知ってる知らないでちょっと違う、ここがポイント!

基礎パッキン

「基礎パッキン」とは、木造一戸建ての基礎形式の一つで「基礎パッキング工法」の事。
この「基礎パッキン」は、基礎の通気を確保するためのもので、建物の外周全体に通風の為のパッキンを基礎と土台の間に設置する工法のことで、最近急速に普及しています。
その理由は2つ。
1つ目は、住宅の耐久性を高めるには床下の通風を良くする必要がありますが、「基礎パッキン」は換気効率が高く、かつ土台が乾燥しやすいのです。
今までの床下換気口の場合、たくさん付ければ換気効率は高くなりますが、基礎コンクリート自体に穴を開けるだけに、どうしても設置する数や大きさに限界があり、コーナー部分に湿気がこもりやすいのも難点の一つでした。一方「基礎パッキン」なら建物の外周全体に通風の穴を設けられるため、どこからでも風が通り抜けられるのです。
2つ目は、基礎事態の耐久性が高くなる事。床下換気口は基礎を四角く切り取る形になるので、地震などで建物が揺れると換気口の四隅にヒビが入りやすいという難点がありました。 わずかなクラックでも雨水などが侵入すると中の鉄筋が錆びる恐れも出てきます。
「基礎パッキン」は基礎事態に手を加えないので地震の揺れにも強い、換気効率も高く木造住宅の天敵である湿気も防ぐ、優秀な工法なんですね。

他の記事も見る

慶和ニュース

KEIWA-NET 限定物件
KEIWA-NET 新着物件
KEIWA-NET 市川エリア
一般公開物件
KEIWA NET CLUB会員募集中!
新規会員登録(無料)

慶和ニュース

KEIWA-TOWNシリーズの現場レポート

一覧はこちら

アクセスランキング

外環道路
知っ得 マイホームは今がチャンス!
省エネ住宅ポイント制度
すまい給付金
住宅ローン減税
贈与税非課税措置

コンテンツ

  • 不動産の豆知識
  • 不動産購入の流れ
  • 学区・エリア情報
  • 電車ルートマップ
  • 税金について
ローンシミュレーション
最新折込チラシ
市川、船橋、江戸川エリアの不動産売却についてはこちら
ページトップへ戻る