セットバック|不動産の豆知識|市川 不動産|市川の不動産といえば慶和住宅! マイホームの購入(新築・中古・土地・マンション)から不動産の売却、市川市、船橋・松戸の不動産のことなら慶和住宅へ!

不動産の豆知識

Point

知ってる知らないではチョット違う!不動産の豆知識をご紹介しています。

不動産の豆知識 知ってる知らないでちょっと違う、ここがポイント!

セットバック

よく土地の資料に記載されているセットバック…、これは何?
不動産取引でとても大切な要素として、敷地と道路の関係があります。建築基準法では幅員(道路の幅)が4m以上の建築基準法で定められた道路に2m以上の接道(道路に接している部分が2m以上)していないと建物を建ててはいけません(一部例外あり)、というルールがあるのです。
「えっ!でも今の道路は4mも幅員がないけど建物はちゃんと建ってるよ???」
このセットバックというのは、幅員4m以下の道路であっても、その道路の中心線から互いに道路として自分の敷地を提供し、将来的に4mの幅員を確保しようというものです。
仮に幅員3.8mの道路があった場合、道路を挟んで向かい側の敷地とお互いに10cmずつ敷地を道路として提供する事(提供後は3.8m+0.1m+0.1mで計4m)で建築が可能になるのです。
ちなみにセットバックが必要なのは建物を建築する場合のみ、なので実際には自分がセットバックしても幅員は4mに満たないケースも出てきます。例えば先ほどの3.8mの道路で考えてみると、自分が建物を建築するので10cmセットバックを行ったとしても、 向かいの敷地が更地だったり、既存の建物のまま建て替えの予定がなくセットバックがされていない場合は、道路の幅員は3.9mで4mには足りませんが ご自身がセットバックを行ったことによって、この道路は将来的に4mになる道路だ、とみなして建築する事が出来るのです。ですから、資料に「セットバックが必要です」と書いてあっても大丈夫。安心して夢のマイホームを実現して下さい。
ただ、道路に関しては本当に重要ですし、資料だけでは分からない複雑な部分もありますので、少しでも不明な点や不安な点がある時は遠慮なく担当者に確認して下さい。

他の記事も見る

慶和ニュース

KEIWA-NET 限定物件
KEIWA-NET 新着物件
KEIWA-NET 市川エリア
一般公開物件
KEIWA NET CLUB会員募集中!
新規会員登録(無料)

慶和ニュース

KEIWA-TOWNシリーズの現場レポート

一覧はこちら

アクセスランキング

外環道路
知っ得 マイホームは今がチャンス!
省エネ住宅ポイント制度
すまい給付金
住宅ローン減税
贈与税非課税措置

コンテンツ

  • 不動産の豆知識
  • 不動産購入の流れ
  • 学区・エリア情報
  • 電車ルートマップ
  • 税金について
ローンシミュレーション
最新折込チラシ
市川、船橋、江戸川エリアの不動産売却についてはこちら
ページトップへ戻る