すまいの給付金|不動産の豆知識|市川 不動産|市川の不動産といえば慶和住宅! マイホームの購入(新築・中古・土地・マンション)から不動産の売却、市川市、船橋・松戸の不動産のことなら慶和住宅へ!

不動産の豆知識

Point

知ってる知らないではチョット違う!不動産の豆知識をご紹介しています。

不動産の豆知識 知ってる知らないでちょっと違う、ここがポイント!

すまいの給付金

すまい給付金制度は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担を緩和するために導入を予定している制度です。
住宅ローン減税は、支払っている所得税等から控除する仕組みであるため、収入が低いほどその効果が小さくなってしまいます。すまい給付金制度では、住宅ローン減税の拡充による負担軽減効果が十分に及ばない収入層に対して、住宅ローン減税とあわせて消費税率引上げによる負担の軽減をはかります。このため、収入によって給付額が変わる仕組みとなっています。

【ポイント】

  1. 新築住宅だけでなく中古住宅も対象です
  2. 取得住宅を所有している人(持分保有者)単位で申請できます
  3. 給付額は収入と所得住宅の持ち分割合に応じて決定されます
  4. 現金取得の場合も利用可能です(※追加条件あり)

【給付額】
住宅取得者の取得時に適用される消費税率に応じ設定されます。収入額(都道府県民税の所得割額)によって給付基礎額が決まり、給付基礎額に登記上の持ち分割合を乗じた額が給付されます。
すまい給付金には、対象者の収入に上限があるほか、住宅ローンを利用せずに現金で払った場合でも一定の条件を満たせば、給付が受けられることになっています。
まず、収入の上限については、消費税8%が適用される場合(※)で、年収の目安が一般的な家庭で約510万円以下(単身や共働きの場合の目安は約463万円以下)の場合に、給付対象となります。収入レベルに応じて10万円~30万円が給付される仕組みです。ただし実際には、「都道府県民税の所得割額」で収入を判断されるので注意が必要です。
※消費税10%の場合は収入基準や給付額が異なります そのうえで、第三者の検査によって住宅の品質が確認されることなどが必要になります。

【対象となる住宅】
対象となる住宅の要件は、新築住宅と中古住宅で異なります。なお、現金取得の場合は追加要件を満たす必要があります。

他の記事も見る

慶和ニュース

KEIWA-NET 限定物件
KEIWA-NET 新着物件
KEIWA-NET 市川エリア
一般公開物件
KEIWA NET CLUB会員募集中!
新規会員登録(無料)

慶和ニュース

KEIWA-TOWNシリーズの現場レポート

一覧はこちら

アクセスランキング

外環道路
知っ得 マイホームは今がチャンス!
省エネ住宅ポイント制度
すまい給付金
住宅ローン減税
贈与税非課税措置

コンテンツ

  • 不動産の豆知識
  • 不動産購入の流れ
  • 学区・エリア情報
  • 電車ルートマップ
  • 税金について
ローンシミュレーション
最新折込チラシ
市川、船橋、江戸川エリアの不動産売却についてはこちら
ページトップへ戻る