住宅ローン控除|不動産の豆知識|市川 不動産|市川の不動産といえば慶和住宅! マイホームの購入(新築・中古・土地・マンション)から不動産の売却、市川市、船橋・松戸の不動産のことなら慶和住宅へ!

不動産の豆知識

Point

知ってる知らないではチョット違う!不動産の豆知識をご紹介しています。

不動産の豆知識 知ってる知らないでちょっと違う、ここがポイント!

【住宅ローン減税】
住宅ローン残高の1%が10年間戻ってくる!

住宅ローンを借りて家を買うと、年末のローン残高に応じた額が所得税から控除されて戻ってきます。これが住宅ローン減税、あるいは住宅ローン控除と呼ばれる制度。
制度の内容は新居に入居した年によって異なります。2013年1月1日~2017年12月31日に入居した場合は対象となる住宅ローン残高の上限が2000万円で、1%(控除率)をかけた金額が10年間にわたって控除されます。1年間の最大控除額は「2000万円×1%」で20万円なので、10年間の最大控除額は200万円となります。
また2014年4月1日~2017年12月31日の入居で住宅にかかる消費税が8%または10%の場合は、対象ローン残高の上限が4000万円に拡充されます。さらに、住宅が長期優良住宅または低炭素住宅に認定されれば、対象ローン残高の上限が1000万円アップします!

【ここまでのポイント!】
2013年1月1日~2017年12月31日の入居・・・対象ローン残高の上限2000万円(3000万円)×控除率1%×控除期間10年=最大控除額200万円(300万円)
2014年4月1日~2017年12月31日の入居(住宅にかかる消費税が8%または10%の場合)・・・対象ローン残高の上限4000万円(5000万円)×控除率1%×控除期間10年=最大控除額400万円(500万円)
※(  )内は長期優良住宅または低炭素住宅の場合
計算上の控除額より所得税額が低い場合は所得税がゼロになり、控除しきれなかった額は課税総所得金額の5%・最高9万7500円(住宅にかかる消費税が8%または10%の場合は7%・最高13万6500円)を上限に翌年の住民税から減額されます。

【住宅ローン控除の適用を受けるための主な要件】

  1. 住宅の床面積(登記簿面積)が50平米以上
  2. マンションなど耐火建築物は築25年以内、それ以外は築20年以内であること。または一定の耐震基準に適合する住宅であること
  3. 住宅ローンの返済期間が10年以上であること
  4. 社内融資等の場合は利率が1%以上のもの
  5. 控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下であること
  6. 住宅を取得後、6カ月以内に入居し、控除を受ける年の12月31日まで引き続き住んでいること
  7. 居住の年の前後各2年間(合計5年間)に、3000万円特別控除や特定居住用財産の買換え特例などの適用を受けていないこと

この住宅ローン控除の適用を受けるには、入居の翌年の3月15日までに税務署に確定申告をしなければいけません。給与所得者の場合は2年目からは勤務先の年末調整で手続きすればOK!なお、控除期間中に転勤で本人が住まなくなった場合、国内での単身赴任で家族がその住宅に居住する場合は、引き続き控除が受けられます。それ以外の転勤の場合は住宅ローン控除が中断されますが、控除期間中に再入居した場合はその年(その年に賃貸に出していた場合はその翌年)から控除を再開できます。

他の記事も見る

慶和ニュース

KEIWA-NET 限定物件
KEIWA-NET 新着物件
KEIWA-NET 市川エリア
一般公開物件
KEIWA NET CLUB会員募集中!
新規会員登録(無料)

慶和ニュース

KEIWA-TOWNシリーズの現場レポート

一覧はこちら

アクセスランキング

外環道路
知っ得 マイホームは今がチャンス!
省エネ住宅ポイント制度
すまい給付金
住宅ローン減税
贈与税非課税措置

コンテンツ

  • 不動産の豆知識
  • 不動産購入の流れ
  • 学区・エリア情報
  • 電車ルートマップ
  • 税金について
ローンシミュレーション
最新折込チラシ
市川、船橋、江戸川エリアの不動産売却についてはこちら
ページトップへ戻る