KEIWA-TOWN 大洲-2|市川市で不動産のご相談なら慶和住宅!マイホームの購入から不動産の売却まで幅広く対応しております!

KEIWA-TOWN 現場レポート

KEIWA-TOWN Reports

KEIWA-TOWNの着工から完成までのレポートをご覧頂けます。

その他の現場はこちら

<< 前へ 4 5 6 7 8 次へ >>

2014年05月29日 19:46 

一枚一枚正確な大きさに切っていきます!

現場ではブルーシートを敷いて、廃材などが散らからないよう配慮しながら作業されていました!

2014年05月29日 19:50 

ちょうどアクセントカラーの外壁材を打ち付けていました♪

2014年05月30日 19:06 

断熱工事です!

KEIWA-TOWN大洲では【アクアフォーム】という泡断熱を採用しています!

無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームはグラスウール10Kの約1.5倍の断熱効果を発揮します。

また、透湿性も低く、断熱材内部に湿気を侵入させにくいため、躯体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めるスグレモノなのです!!

さらにガスではなく水による化学反応で泡を発生させるので環境や健康にも優しい断熱材です!!!

壁はもちろん屋根の裏側まで泡断熱を施工していきます!

2014年05月30日 19:07 

屋根裏には下地に直接泡断熱を施工せずに、一面に貼られた通気スペーサーに吹き付けます!

通気スペーサーのおかげで屋根裏に空気の通り道ができて、太陽光で暑くなりがちな屋根裏の空気を入れ替えられます☆

2014年05月30日 19:17 

職人さんが吹き付けるとみるみる泡が発生していきます!!

2014年05月30日 19:21 

断熱材は隙間があるとその効果が著しく損なわれてしまいます!

職人さんが隙間ができないよう隅まで丁寧に施工しています!

2014年05月30日 19:23 

施工後の写真です。

一面真っ白に仕上がりました!!

2014年05月30日 19:28 

断熱材はその効果が十分に発揮されるよう厚さも決まっています!

屋根裏に対しては100mm、壁に対しては80mmの厚さにしなければなりません!

もう一人の職人さんは厚さを均一にするため、キレイに整形していました!

2014年05月30日 19:33 

泡断熱の最大のメリットは、どんどん膨らむ泡状の断熱材が、小さかったり複雑な形状に対しても隙間なく施工できる点です!!

2014年05月30日 19:35 

断熱材が施工されると、石膏ボードを打ち付けて内側の壁を作っていきます☆

<< 前へ 4 5 6 7 8 次へ >>

慶和ニュース

KEIWA-TOWNシリーズの現場レポート

一覧はこちら

アクセスランキング

コンテンツ

  • 不動産の豆知識
  • 不動産購入の流れ
  • 学区・エリア情報
  • 電車ルートマップ
  • 税金について
ローンシミュレーション
不動産売却査定
ページトップへ戻る