KEIWA-TOWN 稲荷木|市川 不動産|市川の不動産といえば慶和住宅! マイホームの購入(新築・中古・土地・マンション)から不動産の売却、市川市、船橋・松戸の不動産のことなら慶和住宅へ!

KEIWA-TOWN 現場レポート

KEIWA-TOWN Reports

KEIWA-TOWNの着工から完成までのレポートをご覧頂けます。

その他の現場はこちら

<< 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>

2013年12月25日 12:57 

こちらの【Z金具】を梁にしっかり固定します!!

見た目が名前の由来だそうですよ♪

シンプルでわかりやすいですね☆

2013年12月25日 13:05 

大工さんと協力して作業の方が丁寧に固定していました!!

Z金具がとめ終わると鉄骨を渡します☆

すっごく重たいのですが一人で上まで運んでましたよ!!

2013年12月26日 13:09 

無事に鉄骨がかかりました!!

建物が完成してしまうと決して見れない貴重な1枚です☆ 

2013年12月27日 13:14 

KEIWA-TOWN稲荷木H様邸の状況を更新します☆

2階3階のバルコニーの防水処理が完了しました!!


こちらは【FRP防水】といって、強度が大きく耐久性に優れたFRP(繊維強化プラスチック)を防水分野に応用した工法で、軽量かつ強靭で耐水性・耐食性・耐候性に優れていることがものなのです!!

水に弱い木造住宅をしっかりカバーしてくれます♪

安心してバルコニーでお洗濯物が干せますよ☆

2013年12月27日 13:35 

3階部分は外側のダイライトがはり終わり、天井の下地材を打っていました!!

だいぶ家らしくなってきましたよ♪

天井や壁など、隙間がある部分にはこれから断熱材が敷き詰められます☆

2014年01月07日 18:45 

新年明けましておめでとうございます!!

今年も1人でも多くの方のお役に立てるよう現場レポートを更新していきますので、よろしくお願いいたします!!!


さっそく屋根が出来上がっていました!!

2人で作業されていましたが、なんとっ!たった1日でできてしまうそうです☆

昔の日本家屋は瓦が主流でしたが、現在では軽くて丈夫な【コロニアル】という商品が活躍しています♪

建築技術や材料も日々進歩しています!!

2014年01月09日 20:46 

KEIWA-TOWN稲荷木H様邸の状況を更新します☆

どんどん工事が進んでいきます!!

窓枠にはサッシが取り付けられています☆

今や新築住宅では当たり前のように2重ガラスのサッシが使われています!!

ガラスを2枚にすることで、断熱性能を高めます☆

他にも結露になりにくくなったり、遮音性も高めたりといろんなことに活躍してくれますよ♪

2014年01月09日 20:52 

指で触ると2枚のガラスが入っているのがわかります!!

さらに弊社ではより高い断熱性能を誇る【Low-Eガラス】を採用しています!!

弊社で採用しているのは「遮熱タイプ」と呼ばれ、室外側のガラスをLow-E金属膜でコーティングしたものです。

こうすることで、夏は太陽熱の侵入を防ぎ、冬は暖房熱を逃がさず、冷暖房効果がアップして節電にも効果的なんですよ♪

見た目は透明で違いがわからないですが、細かいところまでこだわって施工していますよ☆

2014年01月10日 20:50 

大工さんが断熱材を隙間なく貼り付けています☆

当社の断熱材はグラスウールを使用しています!!
グラスウールとは…
断熱性に優れているだけでなく、高い防湿性能も発揮します。
断熱性能を高めると、外気の影響を受けにくくなり
昼間も夜も、1年を通して温度変化が少ない家になりますよ!!

KEIWA-TOWNシリーズでは
な、な、なんと通常の2倍の量のグラスウールを使用しています!!!!
断熱性、機密性を高めて換気を良くしています!!
なので、トップランナー基準に適合した住宅として認められています!!

2014年01月10日 20:58 

触るとふわふわの綿みたいです☆

これが外壁と内壁の間にびっしり敷き詰められます!!

とってもあったかそうですが、「保温」ではなく「断熱」なので夏は外の熱い陽射しを建物に通しにくくしてくれます。

水筒の魔法瓶のようなイメージで、冷たくも温かくもその状態をキープしてくれます♪

<< 前へ 1 2 3 4 5 次へ >>

慶和ニュース

KEIWA-TOWNシリーズの現場レポート

一覧はこちら

アクセスランキング

コンテンツ

  • 不動産の豆知識
  • 不動産購入の流れ
  • 学区・エリア情報
  • 電車ルートマップ
  • 税金について
ローンシミュレーション
最新折込チラシ
市川、船橋、江戸川エリアの不動産売却についてはこちら
ページトップへ戻る